当院のご紹介

医院概略スタッフ診療の様子院内診療設備

 

 

医院概略

新宿区西新宿4丁目の歯科医院です。

歯や顎に関する疾患(虫歯、歯周病、顎関節症、歯並び)を詳しく診査した上で「総合診断」を下し、その結果に沿って総合的な治療を進めていきます。

 

 

アクセス・診療時間はこちら

 


page_top

 

 

 

スタッフ

青木 聡 Satoshi Aoki / 院長
(診療日 火・水・木・金・土曜日)

歯学博士
東北大学大学院非常勤講師
日本顎咬合学会認定医

– 学会活動 –
日本全身咬合学会 理事

国際先進学会歯学会 アジア部会(iaaid-Asia) 理事
日本歯科補綴学会

日本口腔インプラント学会
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会

厚労相 歯科医師臨床研修指導医ワークショップ修了
労働大臣指定 労働衛生コンサルタント講習会修了
ブローネマルクインプラントコース修了
PGI(寿谷一先生)矯正コース修了

 

スタディグループ

Geepee Brothers主宰

CFnetwork共同代表

 

 

– 経歴 –
昭和35年 東京都港区芝に生まれる。
・昭和61年に東京歯科大学卒業後、大学院に進み、恩師・石川達也教授指導の下で平成2年歯学博士の学位受領。その後保存科の助手、講師として勤務。この間に研究としては生体材料の検討を主に行い、α-TCPやハイドロキシアパタイトなどを利用した裏装材、根充材、骨補填材、インプラント材の開発・検証に関するものが多い。治療的には保存的なテーマ(虫歯、歯周病)のみならず、当時全身咬合学会を立ち上げた石川教授と共に噛み合わせの治療に取り組むと同時に、寿谷一先生に指導を受けながら、咬合、顎機能診断、矯正治療の研鑽を積んだ。
・咬合、顎機能、矯正の道をさらに追求するために、平成11年東京歯科大学退職して神奈川歯科大学矯正科・佐藤貞雄教授に師事。2年間在籍し指導を受けた後は非常勤講師として現在も共同研究を継続中。また同時にオーストリア・ウィーンにおける卒後研修コースにスタッフとして参加し、ルドルフ・スラビチェック教授の指導を受ける。
・平成13年東京歯科大学水道橋病院総合歯科・講師として再度母校に戻り、4年間在籍した。これまでに修得した「総合歯科」治療を実践した。平成17年東京歯科大学を退職(3月)し、26年間に及んだ大学生活を終えて同年12月東京都千代田区御茶ノ水駅前に青木総合歯科を開院し現在に至る。

 
 


 

多胡 親孝 Chikataka Tago / 歯科医師
(診療日:月・火・木・金・土曜日)

歯学博士

– 学会活動 –

神奈川矯正研究会PGコース修了
国際先進学際歯学会アジア部会 (iaaid-Asia)
日本顎咬合顎学会
JSCAD
日本口腔ケア学会  他

 

– 経歴 –

昭和52年 東京都豊島区目白に生まれる。
平成10年、北海道医療大学歯学部に入学。北海道で学生生活を送るなか、青木聡先生と出会う。学生が教わる事とは大きく違なる診療を目にして咬合、顎機能、矯正に興味を持つ。
平成16年北海道医療大学歯学部卒業後、青木先生の下、東京歯科大学水道橋病院にて臨床研修医として学ぶ。翌年、平成17年臨床研修医の過程を終了し、医療法人 東杏会 山王グランドビル歯科に勤務。インプラント治療、歯周治療をはじめ、咬合、顎機能を考慮した診療を行いながら神奈川矯正研究会の PG コースを修了。同じコンセプトを持った先生方と集い勉強会、セミナー、学会などに参加する 4 年間を経て、再び青木先生の下に戻り、平成21年7月青木歯総合科に勤務し現在に至る。

 
 


   

西尾 穣 Minoru Nishio / 歯科医師

(診療日:月・水・木・金・土曜日)

– 経歴 –

昭和59年 長野県生まれ
平成23年 日本大学歯学部卒業
平成25年に青木総合歯科で臨床研修医として学び、顎機能を考慮した「総合診療」に出会い興味を持つ。その後、翌年平成26年より青木総合歯科に勤務し現在に至る。

 
 
 


   

服部 善明 Yoshiaki Hattori / 歯科医師

(診療日:月・火曜日)

歯学博士

– 学会活動 –

OSI ベーシックコース修了

Geepee Brothers 総合歯科治療「ベーシックコース」 受講

 

– 所属団体・認定医-
デンタルコンセプト21

 

– 経歴 –
昭和52年 北海道生まれ
平成15年 東京歯科大学卒業
平成15年4月 ちはら歯科勤務
平成16年5月 A.O.インプラントセンター阿佐ヶ谷北歯科クリニック勤務
平成18年10月 服部歯科勤務
平成19年6月 豊洲インプラントセンター槙原歯科医院に勤務し

現在に至る。

  hattori
     
 


 


 


     

井上高暢 Takanobu Inoue / 歯科医師

(診療日:火・金曜日)

– 経歴 –

平成1年 京都府生まれ
平成27年 東京歯科大学歯学部卒業
平成27年 学生時代に出会った総合治療を学ぶため、卒業後青木総合歯科にて臨床研修医として勤務し、現在に至る。

  inoue01
     
   
   


   

本郷 佐和 Hongo Sawa /歯科医師
(診療日:木・土曜日)

– 経歴 –
昭和62年 長野県生まれ
平成26年 東京歯科大学卒業
平成27年 青木総合歯科にて臨床研修医として学び、顎機能を考慮し、総合診断に基づいた咬合の再構成に興味を持つ。その後、平成28年より青木総合歯科にて勤務し、現在に至る。

   
 
   


 

非常勤 インプラント手術担当

白鳥 清人 Kiyoto Shiratori / 歯科医師

静岡県 白鳥歯科インプラントセンター 院長
昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学兼任講師
日本口腔インプラント学会専門医

 

– 所属団体・認定医-
日本口腔インプラント学会専門医
日本歯周病学会
日本顎咬合学会
日本臨床検査学会
国際先進学際歯科学会アジア部会
OJ
クラブ22
九州インプラント研究会
デンタルコンセプト21
東京SJCD
静岡口腔インプラント研究会

 

– 経歴 –

1985年3月 東京歯科大学卒業
1988年 白鳥歯科医院開業
2003年 白鳥歯科インプラントセンター開業
2004年 東京歯科大学大学院歯学研究科(病理学)終了

  shiratori
 
   


   

本田 紗織 Saori Honda / 歯科衛生士

 

鈴木 優子 Yuko Suzuki / 歯科衛生士

 

山田 茄那子 Kanako Yamada / 歯科助手

 

青木 小恵子 Saeko Aoki / 歯科衛生士

 

新妻信子 Nobuko Niitsuma / 歯科衛生士

  niitsuma02

  

page_top

 

 

診療の様子

 

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を用いて、肉眼では難しい精密な治療を行います。

 

 

かみ合わせをきちんと診査して、現在の状態を把握してからご説明します。

かみ合わせの検査は自費治療となります。

かみ合わせ情報室のページを参照してください。)

 

 

歯科衛生士による歯石の除去(スケーリング)などにも歯科用ルーペを使用して細部まできちんと綺麗にします。

 

 

お口の中を詳しく診るために顕微鏡(マイクロスコープ)を用います。

肉眼では見つけることのできなかった問題点を見出し、精密な治療をすることを目指します。

 

 

歯科衛生士による歯磨きのレッスン

きちんと出来るようになるまで練習しましょう!

 

 

 

 

院内

 

治療用のチェアは全てフィンランド・プランメカ社製。扉を閉めると全て個室になります。

インプラント治療やPMTC、ホワイト二ングなどの先進治療もおこないます。

マイクロスコープを設置しました。

 

 

 

ゆとりあるスペースの個室で診療いたします。口腔外バキュームや生体モニター、レントゲンなどの説明用ディスプレイをそろえております。治療台のチェアは3台あります。

 

 

各診療台にある液晶ディスプレイでは患者様の写真や治療方法、治療効果を説明します。

 

 

入り口の扉は院長こだわりの一点物。

 

 

大画面テレビでは、歯科に関するQ&Aなどを流しています。お子様もいっしょに楽しむことができます。

 

 

診療スペースのスピーカーはオリジナル設計の無指向性音場スピーカーです。

 

 

診療室へ向かう通路には、診査・診断に用いる咬合器が展示してあります。

 

 

 

診療設備

歯科医院で行うさまざまな治療、とりわけ詰め物や被せもの、入れ歯やインプラントの治療をする場合はもちろんのこと、歯の矯正や全体の歯のかみ合わせを治す治療など、すべての治療はかみ合わせに関係してきます。歯のかみ合わせは、あごの関節(顎関節)を中心として動いていますが、その正確な診断無しには大がかりな治療をすべきではありません。当院では顎機能検査装置(CADIAXまたはWinJaw)を用いて、患者様それぞれの顎機能を診断し、骨格や歯の角度などを考慮して治療を進めていきます。下の写真はCADIAXを用いた顎機能検査をしているところです。

当院のX線検査は全てデジタルX線画像診断を行います。デジタル化されたX線写真のメリットは患者様に照射するX線の線量を大幅に抑えることが可能で、画像も明瞭となり、コンピュータを用いて大きく拡大することにより細部にわたる鮮明な画像による診断が可能になります。

また、CTスキャン撮影装置も備えてあります。CT撮影によりインプラント治療の際の細かな骨の観察や奥深く潜っている智歯(親知らず)、根の先の状況や歯周病による骨の破壊程度の診断を正確に行うことが可能になりました。

page_top

 

青木歯科が選ばれる3つのポイント

  • かみ合わせ治療
  • 非抜歯矯正
  • インプラント